人を襲うハチは退治をして家族を守ろう|業者へ依頼できる

男女

ねずみが出現したら

鼠

ねずみが出没することは田舎では良くあることですが、最近では都市にもねずみの被害が多くなっています。ねずみ駆除は市販の薬やねずみ捕りなどを使っても行うことができますが、プロの業者に依頼することでも行えます。

もっと読む

怪我を未然に防ぐために

蜂

黒よりも白の服が良い

ハチの退治を行う業者は、その恰好が白い服装であるケースがほとんどです。それには理由があり、ハチは白色よりも黒色のほうに攻撃を仕掛けてくる性質があるからです。つまり、少しでも攻撃されないようにする工夫が服装に表れていることになります。もちろん、これは業者ではなく一般の人々でも同じことが言えます。業者に頼むのではなく個人でするハチの退治を行う人は少なくありません。そのとき、白い服装で挑めば襲われるリスクを減らすことができます。黒髪を帽子などで隠すだけでも安全性が高まります。また仮に刺されてもいいように厚手の布の服であれば、なお更ベストだと言えます。ハチは小さな昆虫であっても危険生物なので、退治の前には準備を欠かさないようにすることです。ただ危険は伴うので、高齢者や女性、また駆除が難しいのであれば、無理をせず専門業者に依頼してハチ退治をしてもらいましょう。

ご近所に事前に注意喚起を

その退治で忘れてはいけないことがあります。それは事前に周囲に注意喚起をすることです。住宅地にもハチの巣を作ることが多く、退治するときにはハチを刺激してしまうことは少なくありません。そのとき、退治する本人は防護服に身を固めていたとしても、周囲に知らせていなければご近所の人々は無防備な状態でハチの攻撃に遭う可能性もあるのです。だからこそ、退治するときにはご近所に報告しておくことが肝心です。退治している時間帯にはあまり近寄らないように、自宅から出ないように注意喚起することでご近所の方々の怪我のリスクを減らすことができます。これは個人でハチの退治をするときだけではなく、業者に依頼して行うときも同様です。

虫の被害があるなら

南京虫

海外で発生しやすい南京虫ですが、近年は日本でも発生が見られています。南京虫駆除は自分で行うことが難しいため、業者に依頼することが確実です。駆除方法としては加熱して殺虫するか、殺虫剤を使用して駆除を行います。

もっと読む

安心して住める環境

鳩

鳩のフンは商業施設のイメージを低下させたり、洗濯物を汚してアレルギーの原因となる可能性があります。忌避剤やスパイクなどの駆除グッズは簡単に入手でき、専門の業者は高所のように危険な場所の作業も可能です。専門の業者は駆除だけでなく再来の防止策を講じ、清掃や消毒の依頼にも対応しています。

もっと読む